KOCOWA

ニュース

繊細な弁護士、シン・ヒョンビン

2017-05-19 | 閲覧数 33

KBS 2TV 水・木ドラマ<推理の女王>のシン・ヒョンビン(チョン・ジウォン役)が繊細な感情の演技をして好評を得ている。

※ネタバレになる内容が含まれています。



18日に韓国で放送された<推理の女王>14話でシン・ヒョンビンは、ヤン・イクチュン(チャン・ドジャン役)に会うために地下駐車場を訪ねていって事故に遭遇する。運転手が乗っていない車が彼女に向かってそのまま突進してきた。シン・ヒョンビンは絶体絶命の瞬間に感じる恐怖を、呼吸と表情でそのまま伝えて緊張感を倍増させた。

その後、クォン・サンウ(ハ・ワンスン役)と会うシーンでは、恐怖と諦めの感情をすべて見せて没入度をさらに高めた。

最後のプレゼントだと言い、彼にチェ・ガンヒ(ユ・ソルオク役)の両親の事件の写真と捜査資料を渡したシン・ヒョンビンは、捜査資料の中にいる人物が「ソ・ヒョンスさんを殺した犯人」だと言ってどこか不安げな様子をみせた。

前回の放送でクォン・サンウに対する自分の気持ちに気付いたが、突き放すクォン・サンウのせいで気苦労するもの悲しい姿を披露したシン・ヒョンビンはこの日の放送でもやはり、繊細な感情の演技を披露したと好評を得た。



記者:パク・ジェファン

著作権者 ⓒ KBS &KBSMedia - 無断転載及び再配布禁止​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​