KOCOWA

ニュース

女優 オ・ジウン『ジャズシンガー』に挑戦

2017-05-18 | 閲覧数 35

女優のオ・ジウンの録音スタジオでの姿が公開された。



オ・ジウンはKBS 2TV 夕方毎日連続ドラマ<名前のない女>で、子供を守るために自ら自分の名前を消して「ユン・ソル」として生きていく女性「ソン・ヨリ」を熱演中だ。

公開された写真に写ったオ・ジウンは、ラフな格好でヘッドホンをはめてマイクの前で歌を歌っていた。ドラマの中で挿入される歌を録音するために録音スタジオに訪れた彼女は、隠されていた歌の実力を心置きなく披露してジャズシンガーとして働く「ユン・ソル」のキャラクターを完璧に演じきっていた。

この日、録音を終えた挿入歌は12日に韓国で放送された<名前のない女>15話で公開され、視聴者たちから好評を得た。オ・ジウンはジャズソング録音のためにかつかつな撮影スケジュールの中、コツコツと合間を見て歌の練習を重ねていき完成度を高めたことはもちろん、録音当日も熱意あふれる姿勢をみせてスタッフたちからの拍手をもらったとのこと。

展開が進むにつれ、復習のために完璧に身分を変えた「ユン・ソル」として素晴らしい魅力と没入度満点の感情演技を披露しているオ・ジウンが、録音スタジオでのビハインドカットを公開したので視聴者たちの関心が集まっている。



記者:パク・ジェファン

著作権者 ⓒ KBS &KBSMedia - 無断転載及び再配布禁止​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​