KOCOWA

ニュース

”入隊”イ・ミンホ『クールに大したことないと思っていたのに...』

2017-04-21 | 閲覧数 104

俳優のイ・ミンホが軍入隊を目前にひかえた感想を述べた。


이미지


イ・ミンホは最近、韓国雑誌<@star1>5月号のグラビア撮影とインタビューを行った。このインタビューでイ・ミンホは「入隊を目前にひかえた感想は?」という質問に「正直に言うと、クールに大したことないと思っていた。だが心残りが一杯残っている。軍隊に入隊すること自体ではなく、過ぎ去った20代の時に対する心残りだと思う」と答えた。そして「もう30代に突入して、年齢を重ねることに対する名残惜しい気持ちと、作品に対する心残りが生じている」と苦笑いを浮かべた。


이미지


また、イ・ミンホは「入隊は遅れてしまったが、それによって今のイ・ミンホの地位があると思うか?」との質問には「軍隊に早く入隊していたらドラマ<花より男子>にも出会えていなかったし、あれほど幸せな20代を過ごせていただろうかなどの思いはよぎる。早く入隊しなかったのは個人的に僕にとっては良い選択だったと改めて思う」と答えた。付け加えて「良い年代で演技が出来たことに加えて韓国国外でも多くの人に愛され、韓流のコンテンツを広めることに自分なりに貢献できたと思っているので幸せだった」と感謝の気持ちを表した。

最後にイ・ミンホは軍に入隊したら挑戦したいことはあるかとの質問に対し「規則正しい生活自体が僕にはとてつもない挑戦だ」と明るく笑って答えた。そして「ファンたちが残念に思ってくれる気持ちや応援してくれている気持ちをきちんと受け取っている。健康に気を付けて行ってきて、また素晴らしい作品でファンに喜びをあたえたい」とファンたちに挨拶を伝えた。

イ・ミンホは5月12日にソウル市の江南(カンナム)区役所で社会服務要員として軍服務を始める。


이미지


写真提供:韓国雑誌<@star1>


[SBS funE :カン・ソネ記者] sakang@sbs.co.kr

著作権者SBS無断複製 - 再配布禁止​​​​​​​​​​​​​​​