KOCOWA

ニュース

弾劾で見られなかったユク・ソンジェ&キム・セジョン『ジャングルの法則』、17日に初放送

2017-03-16 | 閲覧数 75

30期ビョンマン族の生存が描かれるSBS<ジャングルの法則 inスマトラ島>が17日に初放送される。


이미지


<ジャングルの法則 inスマトラ島>は元は10日に初放送される予定だったが、大統領弾劾によるニュース特報で番組放送が見送られたため、本放送が1週間先伸ばしにされた。17日からは30期ビョンマン族の新たな生存記が通常通り放送される。

30期ビョンマン族の生存挑戦場所はインドネシアのスマトラ島だ。スマトラ島は”人類歴史上、最悪の惨事”として記録されている2004年の大地震と津波、頻繁な火山爆発など数えきれない自然災害と、第二次世界大戦の影響までうけた”災害の地”だ。ここでビョンマン族は『災害の地で生き残れ』というテーマで生存に挑戦し今までに経験できなかった一味違った環境での生存劇を繰り広げる。

族長のキム・ビョンマンを筆頭に俳優のクァク・シヤンが全日程の生存に挑戦す、先発隊としてBTOBのソンジェ&プニエル、Gugudanのキム・セジョン、元プロ野球選手のイ・ビョンギュ、コメディアンのジョ・セホ、歌手のKCMと共に歴代級の素晴らしいケミ(相手との相性)をみせる予定だ。

出演するという発表だけでも大きな話題を集めたBTOBのソンジェは、初めてのジャングル生存らしからぬ驚きの生存力をみせたという。彼は”釣りアイドル”らしく素晴らしい釣りの才能を披露したのはもちろん、高さ50メートルの垂直のはしご渡りや絶壁ダイビング、活火山の探索など過酷なことまでやり遂げて”ジャングルの神”、『ジャングルのエース』として頭角を現した。

そして”神セジョン”と呼ばれるほど万人の愛を独り占めにしているキム・セジョンは紅一点の末っ子にもかかわらず、海女さんに変異してあらゆる海産物を次々に捕ってきたかと思えば、彼女特有のおじさんキラーの魅力で愛され者の役割まできちんとはたした。それだけではなく、ジャングルでも新曲の振付練習を行うなど有り余る体力を見せつけた。

引退後、初めてバラエティー番組に挑戦する韓国プロ野球チーム<LGツインズ>の永遠のヒーロー”赤兎馬”イ・ビョンギュも野球場でのカリスマを脱ぎ捨て、コメディアンのジョ・セホとコンビを組むなど意外なおとぼけた魅力を発揮して2017年のバラエティー新生児の誕生を知らせる予定だ。

スマトラ島で新たな生存の歴史を刻むために帰ってきた30期ビョンマン族の<ジャングルの法則 inスマトラ島>編は17日の夜10時から初放送される。


[SBS funE : カン・ソネ記者] sakang@sbs.co.kr 

著作権者SBS無断複製 - 再配布禁止​​​​​​​​​​​