KOCOWA

ニュース

<力道妖精キム・ボクジュ> イ・ソンギョン-ナム・ジュヒョク,'ひそひそ反省ボクジュ!'

2017-01-11 | 閲覧数 59

“ごめん,悪かった!”

※ネタバレになる内容が含まれています。


MBC水木ドラマ<力道妖精キム・ボクジュ> イ・ソンギョンがナム・ジュヒョクの前で両手を持ち上げている‘反省ボクジュ’の姿がとらえられた。

公開された写真の中でキム・ボクジュ(イ・ソンギョン)がチョン・ジュニョン(ナム・ジュヒョク)の前で手を持ち上げうかない顔をする場面がとらえられ好奇心をくすぐった。相反した二人の表情が気になり、終わりのない痴話げんかの理由と和解のストーリーに関心が集まっている。

​イ・ソンギョンの‘反省ボクジュ’の場面は8日ソウル市松坡区韓国体育大学で行われた。前日の夜遅くまで撮影を続けていた二人は疲れた様子も朝早く明るい姿で現場に登場、疲労困憊のスタッフ一人一人にあいさつをして現場の温度を引き上げた。 

​特にこの日最初の撮影だった‘反省ボクジュ’ のシーンを消化するため二人の俳優はケンカの始まりからそのシーンの感情の流れを一緒に探りながら真剣にリハーサルに取り組む姿で冬の寒さを消し去った。

​つづいて行われたシーンでのイ・ソンギョンは恋人に過ちを告白する‘世間知らず彼女’に完全になり切り、浮かない顔と嵐のようなセリフを滑らかに消化し勢いのある演技力を証明した。ナム・ジュヒョクはそんな‘服務ルック’のイ・ソンギョンを温かい表情とセリフで包み込み‘ワナビー彼氏’を実践したという。

製作陣側は“‘ラブラブ’ボクジュニョンカップルの愛はケンカしては仲直りし、泣いて笑ってを繰り返しながらずっと続いていくだろう”とし、 “今日放送される最終回はたとえドラマとしては最後の回であっても私たちの青春の永遠の始まりでもある。これまでたくさん愛してくださったことに感謝し、最後までいい作品を作るために最善を尽くしたい”とあきらかにした。

昨年11月に始まり熱い声援の中で放送されたMBC水木ドラマ<重量挙げの妖精キム・ボクジュ>は 11日(水)午後10時16回(最終回)を最後に大詰めの幕を下ろす。 


iMBC チャ・スヒョン | 写真  Chorokbeam Media

※このコンテンツは、著作権法によって保護されており、無断転載、複製、配布等を禁じる。​