KOCOWA

おすすめ動画

  • 氷(ビン)グ
    氷(ビン)グ
    弘文館の文官・ソンヨルは、長年思いを寄せていた幼なじみのミョンヒとの婚礼を控えていた。
  • 威風堂々な彼女
    威風堂々な彼女
    弘文館の文官・ソンヨルは、長年思いを寄せていた幼なじみのミョンヒとの婚礼を控えていた。
  • 君の声が聞こえる
    君の声が聞こえる
    弘文館の文官・ソンヨルは、長年思いを寄せていた幼なじみのミョンヒとの婚礼を控えていた。
  • アンパン
    アンパン
    弘文館の文官・ソンヨルは、長年思いを寄せていた幼なじみのミョンヒとの婚礼を控えていた。
  • 三色ファンタジー
    三色ファンタジー
    弘文館の文官・ソンヨルは、長年思いを寄せていた幼なじみのミョンヒとの婚礼を控えていた。
  • 1%の奇跡
    1%の奇跡
    弘文館の文官・ソンヨルは、長年思いを寄せていた幼なじみのミョンヒとの婚礼を控えていた。

君の声が聞こえる 第1話

この動画は無料でご視聴いただけます。ログイン後にご利用ください。

動画情報

  • 閲覧数 192
  • 韓国放送時期 2013年
  • SBS
  • 1話
  • 60分

人の心を読む特殊能力を持つ青年パク・スハ。
10年前に交通事故を装った事件で父親が殺害される。それを目撃したあとスハは、相手の目を見るとその人の心を読めるようになった。特殊能力を持った少年スハには捜し続ける初恋の人がいた。10年間1度も会えなかったが…9歳の少年に強烈な印象を残した女性はチャン・ヘソンだ。

誰かの初恋の人となったとは知らず、ヘソンは月に100万ウォンも稼げない三流の弁護士となる。ヘソンは母親の願いを聞き入れ安定した収入のためだけに国選弁護士の面接を受けに行く。予想以上に面接者が多くて危機を感じたヘソンは10年前に自分の人生を変えた事件を話し始めるのだが…

----------------------------------------------------------------------------------------------------

1) 国選専担弁護士
裁判所で選定された国選事件のみを任せられる弁護士を意味し、刑事訴訟を担当する。
裁判所が国選弁護士を選定するのは
➀被告人が拘束された時、
②被告人が未成年者の時、
③被告人が70歳以上の時、
④被告人がろうあ者の時、
⑤被告人の心身障碍が疑われる時、
⑥被告人が死刑、無期または短期3年以上の懲役や金庫に該当する事件で起訴された時、
➆被告人が貧困、又はそれ以外の理由で弁護人を選任できない場合、
⑧被告人の年齢・知能及び教育程度などを考慮し権利保護のために必要だと認められる時だ。

出演者